春翆堂 STORY



当院は東洋医学の考えに基づき、少ない本数(1~3本)のはりで全身のバランスを整え、体質改善を行い、辛い症状を根本から取り除いていきます。体調管理にも是非ご利用下さい。初診時は問診を行いますので、治療時間も合わせて約2時間~2時間30分かかります(小児は約1時間)





BLOGお知らせ日記

お客様の声


東洋医学についてと私の思い


院長の山下佳絵です! 私は地元足立区千住で30歳から6年間鍼灸院を営んでいました。結婚出産を期に産休に入り、その間も細々と往診治療を行っていました。そしてこの度、恵比寿にて開業することになりました。
また、鍼灸院で働けること、治療を出来ることがとても嬉しいです。
ちょっと、東洋医学のお話しをしますね。

皆さん、東洋医学って聞くとどういうイメージですか?
胡散臭い?本当に効くの?
即効性はないんでしょ? と、いう感じですか?
結論から言うと胡散臭くなく、本当に効いて、即効性もあります。ただ、お辛い症状が鍼をして直後に良くなる方もいれば、数回治療して良くなる方もいます。これは、個人差がでます。

東洋医学では、健康であるとは「気・血・津液(き・けつ・しんえき)が滞りなく身体をめぐっている。」状態の事を言います。気とはエネルギー、血・津液とは栄養分です。経絡(けいらく)という通路をめぐって全身を栄養しています。
身体の不調はこの3つが行き届かないときにおこります。
じゃあ、なんで栄養が届かなくなるのか?
 


①何かが邪魔をして栄養が届かない。
水道のホースに大きめの石を入れると水が通りませんよね、だから届けられない。→実証(じっしょうといいます)

②また、栄養がもともと少ししかない人少ないから届けられない。→虚証(きょしょうといいます)

大きく分けるとこの2つの理由で身体のすみずみまで栄養が行かなくなるんです。

外の気温気候(環境)・自分の感情(精神的)や不適切な食事・それ以外のけが、疲労などが原因で栄養の流れをさえぎる物ができてしまったり、栄養が少なくなって流れにくくなります。



腰痛だったら腰に栄養がいかない。不妊症だったら子宮(胞宮)に栄養が巡りにくくなっている。

私たち鍼灸師はなんでここに栄養がいかなくなっているんだろう? その根本原因を突き止めるんです。


原因をさぐる方法に中国医学の弁証論治(べんしょうろんち)という分析のやり方があります。

患者さんとの問診や触診(切診)を通して情報を収集して、病の原因をあぶり出していきます。なので、問診結構長いんですよ。。。

そして先程も出てきた原因がどれか?(外の気温気候(環境)・自分の感情(精神的)や不適切な食事・それ以外のけが、疲労など。)


原因を絞り込み突き止めたら、
鍼やお灸をどこに施すか決定して、

1~3本の鍼やお灸をして全身に効かせます。

なんで、少数の鍼やお灸で効くんだろう?と
私も勉強する前は不思議でした。

それは、

経絡(けいらく)というツボとツボを繋いだ長い通路が、上下全身に張り巡らされているからです。
(経絡は少し前にお話しした体の栄養分(気・血・津液)の通路です。)

だから、1つのツボに鍼をすると経絡すべてに効かせることが出来るんです。

一番効かせたい経絡を活性化させて、
少数鍼だと次の治療戦略を考えやすいんです。

多くの場所に鍼を施してしまうと、効果が分散してしまい、どの鍼がどう効いたか分からなくなり次の手が打ちにくくなります。


鍼灸治療をやらせてもらって、実は自分が癒されるんですよ。(*^^*)
初診で死にそう、不安そうなお顔をして来院された方が治療続けて行くとね、笑顔で冗談や旦那さんの愚痴言うようになるんですよ。(笑)
「あー元気になられたんだなぁ。」と、私嬉しくなるんです。 私が知らないことも教えて貰って。楽しいんです治療が。家庭の都合でご迷惑おかけするときもありますが、ご縁あったら嬉しいです。
長く書いてしまいましたが、読んでくださってありがとうございます!

春翠堂

TEL:070-5559-1863